その5 「奇跡的に手術が成功」

 銀行に勤めている叔父は、毎日帰るのは深夜でした。家族が揃って食事するのもままならない日々をすごしている内に、過労とストレスから心筋梗塞で倒れ、手術することになりました。手術の夜、病院にいる叔母から電話が入りました。叔父が手術室に入って10時間が経ってもまだ出て来ないというのです。担当医師の話によると、心臓を一度取り出して血管の塞がっている部分を治療したにも関わらず、心臓が全く機能せず、他に血管がつまっている箇所を探しても見つからないとの話を聞き、急いで私の母に心臓形代を書いてもらいました。
  人形をかいてから一時間後、奇跡的に手術が成功しました!と嬉しい電話が来たのです。心臓の影に隠れていた、詰まっている血管が見つかったのです。叔父はわずか200円以上ご随意の浄財で書かせていただいた人形によって、命が救われたのです。その後無事退院した叔父は、病気のこともあり、仕事から早く帰れるようになりました。今は家族と楽しい毎日を過ごしております。
  素晴らしい証(あかし)を経験させていただき本当にありがとうございました。 


会員番号 01-129878-00

 

TOP


ワールドメイト 人形・形代 証(あかし)体験談集TOP